パセージ

アドラー心理学にもとづく子育て学習プログラムのご案内
パセージとパセージ・プラス、京都市・京田辺・兵庫県川西で開催予定

パセージとは

「パセージ」という名前は、「アドラー心理学のグループ体験にもとづく育児学習コース(Parent Study System on Adlerian Group Experiences)」 の頭文字ですが、文字通り「通り道」の意味で、新しい育児への通り道、幸せな家庭への通り道という意味もかけています。

パセージの様子

テキスト1章ごとに2時間半、パセージのテキストは8章までありますので、総計20時間のコースです。

パセージ・リーダーを中心に5~10名の参加者(メンバー)とともに、アドラー心理学にもとづくさまざまな育児の提案を、勇気づけあいながら実践していくコースになります。

アドラー心理学に初めてふれる方を対象にしていますので、とても分かりやすく学べます。

コース参加費は2万円、テキスト代2千円です。(京都市内の会場のみ、会場費1000円を別途頂戴しております。ご了承ください。)

パセージ開発者 野田俊作より

これまでの子育ては、「ほめる」ことと「しかる」ことを主な方法にしていました。最近は「しかる」方は批判されて、「ほめて育てる」というのも流行っています。

けれど、『パセージ』で提案している育児は、「ほめない、しからない」育児です。それでほんとうに育児ができるのか不安に思われるかもしれませんが、日本中、いえ、世界中で、この方法で子育てをして、とてもうまくいっています。

キーワードは「一緒に育つ」です。「親が子どもを育てる」という関係から、「親子で話し合って一緒に育っていく」という関係に気持ちを変えると、ほんとうにびっくりするくらい親子が仲良くなり、しかも子どもは自立し、社会と調和して生きる人に育っていきます。

ぜひ『パセージ』に参加されて、しあわせな親子関係を築いてください。

受講生の声

受講生の声その1 受講生の声その2 受講生の声その3

本物のアドラー心理学が学べます

パセージおよびパセージ・プラスは、国際アドラー心理学会連合(International Association of Individual Psychology)の日本で唯一の公認団体である日本アドラー心理学会(Japanese Society of Adlerian Psychology)の子育てプログラムです。